リダイレクトループ解決3

 

前回の方法は失敗でした。

フォルダを変えて、引っ越し先を変えたらもう追いかけては来ないだろうと思っていました。


ところが移転先のフォルダを変えてもやはり、トップページがリダイレクトを繰り返します。


ここで私はふと気づきました。

「トップページにリダイレクトが仕組まれている」

 

そうです。

思い出しました。(遅すぎ!)

 

トップページ(index.html)の<head>と</head>の間に自身のページにリダイレクトする処理を記述していたのでした。

 

「メタリフレッシュ」というリダイレクトの方法です。

 

以下の記述をトップページ(index.html)の<head>と</head>の間に入れていたのでした。

 

<meta http-equiv=”refresh” content=”0;URL=’http://www.example.com/'” />

0 の部分は何秒後に飛ぶかを指定しています。

 

3秒後に指定URLへ転送を行いたければ 3 を入力します。

<meta http-equiv=”refresh” content=”3;URL=’http://www.example.com/'” />


(http://www.example.com/の部分は自分のサイトの新URLです)

 

 

私はシリウスを使ってサイトを作成しています。


そしてこの記述を入れて、旧URLのサイトのトップページには以下の説明を入れていました。

 

「新しいサーバーへ移転しました。

3秒後に自動的にジャンプします」


そして、シリウスのFTPでファイルを旧サーバーにアップロードしました。


その後、シリウスのFTPの設定を新サーバーに書き換えて、新しい記事を書き新サーバーにアップロードしていたのです。


そうです。


新サーバーにアップロードするファイルからメタリフレッシュの記述を削除しておく必要がありました。

これを忘れていました。
そして、いつもの流れでアップロードまでの操作を行っていたのです。

 


ファイルから「メタリフレッシュの記述を削除する」とリダイレクトループは収まりました。


解決しました。


やっと「リダイレクトループ」の悪夢から抜け出すことができました。

 

Comment





   

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM