パソコンで文字を入力すると、普通は、今まで入力していた文章の中に新しい文字をどんどん割り込ませることができます。

しかし、あるとき突然、新しく文字を入力すると、今まであった文がどんどん上書きされてしまうことがあります。


せっかく入力した文が文字を入力するたびにどんどん消えてしまう。

 

そういった経験をしたことはありませんか?


【例】


「そういった経験をことはありませんか?」

 

「  」内の文がおかしいので、「経験をことは」を「経験をしたことは」に訂正したい。

 

普通「経験を」と「ことは」の間にカーソルを持って行ってクリックします。
そして、「した」と入力すれば、文字が勝手に挿入されて「経験をしたことは」に訂正できますよね。


しかし、ある日突然、同様の操作をしたら、元の文字がどんどん消えることはありませんか。

 

つまり

「そういった経験をことはありませんか?」

これに「した」と入力すると、

「そういった経験をしたはありませんか?」となって

元の文字「こと」が消えてしまって、「した」に上書きされてしまうのです。

 

 

【原因】

 

入力モードには、「挿入モード」と「上書きモード」の2種類の入力方式があります。

 

「挿入モード」は、元の文字は消えないでカーソルのうしろに押し出されるように移動して行きます。
当然新しく入力した文字が、元の文の間に割り込んで来ます。

 

「上書きモード」は、文字がもとの文字に上書きされるので、新しく入力した文字は残りますが、元の文字はどんどん消えて行きます。


つまり、何かのひょうしで、「挿入モード」が「上書きモード」に変わってしまっているからです。

 

 

【対策法】

 

「上書きモード」を「挿入モード」に変えればいいのです。

 

では、どうやって変えるのか。

 

パソコンの「INS」というキーがあるので、

 

そのキーを押します。

 

 

「Insert」キーあるいは「Ins」キーかも知れません。

 

そうすると、「上書きモード」が「挿入モード」に変わります。


簡単でしょう。

 


でも、この「Insert」キーあるいは「Ins」キーを押すというのを、すぐ忘れてしまうんですよね。


わあ、上書きモードになっちゃったよ。

何を押すんだったっけ。

こいつか、違うぞ、こいつか、こいつとこいつを同時に押すか…。

いつもあんなこんなでドタバタしています。

 

いいかげん覚えたいです。

 

 

 

Comment





   

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM