ドメインとは簡単に言えばインターネット上の住所(アドレス)です。
例えば、Yahooなら http://yahoo.co.jp というURLのうちの「yahoo.co.jp」という部分がドメインと呼ばれています。

電子メールアドレスやホームページのURLアドレスに「yahoo.co.jp」というドメイン名があれば、yahoo という日本の会社ということがわかるわけです。

ドメイン名は、実際の住所と同じようなもので、世界中に一つしかありません。
その為、ドメイン登録は早い者勝ちになっています。
だれでも思いつくようなものはすでに取得されてしまっていることが多いようです。

プロバイダーのドメインの場合、アドレスにはプロバイダが決めた文字列がだらだらと入るので、どうしても長いアドレスになってしまいます。
独自ドメインを使えば、自分の好きな文字列だけの短いアドレスを使うことができます。
覚えやすいドメインを登録することで、多くの人にとって訪れやすいホームページを持つことができるわけです。

まだ他の人に取られていなければ、会社名や商品名なども自由に付けることができます。
独自ドメインを、会社名や商品名にすることで、お客様にも覚えてもらえます。
ビジネスをする上で信頼性のアップにもつながります。

また、プロバイダーやレンタルサーバーを変更してもそのまま使用できます。
つまり、一生使えるものなのです。

さて、独自ドメインをどうやって使うかということですが、レンタルサーバが必要です。
レンタルサーバとは、インターネットに情報を発信するために、コンピュータの容量の一部を間貸ししてくれるサービスのことです。
このサーバに自分で作ったファイルなどを置くことによって、インターネット上に公開できるわけです。

私のおすすめのレンタルサーバは、ロリポップ!です。
とにかく安いからです。
月額¥263から使えます。支払いは、半年払いとか、一年払いになりますけど。
それと、「ムームードメイン」というドメインを提供してくれる会社と提携しているので、ドメインを取得するのが、簡単です。
また、独自ドメイン取得の際には、割引制度もあります。

でも難点があります。
独自ドメインが一つしか持てないことです。
複数の独自ドメインを持ちたい方には、「チカッパ!レンタルサーバー」をおすすめします。

私は、そんなことも知らずに、二つ目の独自ドメインを取得してしまいました。
それをロリポップ!で使おうと思ったら、使えないのです。
「よくある質問」を読んでみると、「複数の独自ドメインは使えません」と書いてありました。

今、この独自ドメインは、使われないままほったらかし状態になっています。
ちゃんと調べてから、行動することも大切ですね。

1

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM